企業情報

大統領からのメッセージ

スズキツネノリ代表取締役社長

関東鉄工は1984年に国際ローラーメーカーの部品供給会社として設立されました。以来、当社は世界クラスの技術を駆使して経験と実績を積み重ねてきました。また、クローラー式ワッシャーなど独自に開発した機械も製造販売しています。


環境負荷を低減し、環境と経済活動の両立を可能にする持続可能な社会を創出するために、3Rは削減、再利用、リサイクルという非常に重要なキーワードです。3Rを中心とした環境取り組みの一環として、過去の排出ガス規制装置の製造、現在の中古機械の再利用に取り組んでいます。
高性能中古機械は、レンタルや販売のために多くのレンタル会社に低コストで提供されています。


製造業者との良好な協力関係を維持し、企業を借りることで、私たちは建設現場での機械のエンドユーザーの作業効率を上げるために非常に努力しています。私たちが長年培ってきたノウハウを最大限に生かすために、私たちはお客様を満足させるために全面的に製品を生産することに決めました。


あなたの継続的なご支援をお願いしたいと思います。

スズキツネノリ代表取締役社長

会社概要

会社名関東テックコ株式会社
資本4000万円
代表者鈴木綱則
ビジネスプレイス■本社・工場
 茨城県甲賀市小崎41-14
 TEL 0280-77-0081 FAX 0280-77-0080
■坂間工場
事業活動■圧縮装置
 (ロードローラ、タイヤロールリア 等)の製造・組立・販売■
圧縮装置用部品
(ローラードラム、フレーム等)の
製造・販売■
 重機用オリジナル保守装置の製造・組立・販売(クローラーワッシャー)
■再使用圧縮装置の販売・レンタル
■オリジナル圧縮装置
 (振動ローラー)の製造・組立・販売

会社の歴史

1984BOMAGドイツの部品供給会社として設立
1985BOMAG Japanへの部品供給開始
1986コンパクション部門を設立、オリジナルのタイヤローラーとマカダムローラーの開発と製造を開始
1988年タイヤローラーとマカダムローラーを同時に発売、フルカワ株式会社の両タイプローラーのOEM供給開始
1991年クローラ式洗濯機(各種重機の下地を洗うロボット)を開発
1992年クローラーワッシャー「CW20」を発売
1993年資本金を4000万円に増資
1995年トープコンバータタイヤローラー「PT20W」を発売
1996年
第1次排出ガス規制に適合したタイヤローラー「P20WA」「PT20WA」とマカダムローラー「M1F」の3機種を発売
重機「DCR-650E」
(建設技術評価システムNo. 96302)は、東京ロッキー
1999年CONET '99
(建設機械展)にマカダムローラー「M1-II」の新モデルを展示
2001年ウェブサイトを開設
2003年賃貸事業
開始8都道府県指定ディーゼル車用粒子状物質低減装置の販売開始
2004年重機用排気制御装置2,000台の販売を達成
2006年クローリー洗濯機「CW25」を発売
2009年振動ローラ「H600 / H605」発売 4トンコンバーターローラー「KV40C」
、タンデムローラー「KV40D」
2010年3トンタイヤローラー「KT30」、2.5トンコンバーター「KV25C」
、タンデムローラー「KV25D」を発売
2012年NETISに登録され、超低騒音振動ローラ
「KV25CS / DS」と「KV40CS / DS」を
発売、土木工事用HAMM振動ローラ3000シリーズを発売

一般カタログ

ここをクリック(PDF)